ヒマラヤ*アイスクリスタル

アイスクリスタル出現のストーリー

水晶が形成される際、表面が酸やフッ化水素などで溶かされ、見た目が凸凹としているエッチングクォーツ(蝕像水晶)といわれるアイスクリスタルは、インドの聖なる山、ヒマラヤ山脈の標高4000〜6000m付近の氷河地帯で、1本のポイントとして発見される、とても珍しく貴重で不思議なクリスタルです。

近年の温暖化により氷河が溶けたことによって地表に現れ、本来ならまだ発見されなかったはずが、今このときに必要とされて現れた特別な石として、人類に対し環境や誤った方向性を正す、意識を見直すことのメッセージ性があると言われます。

そんなストーリー、強力なパワー、発見されたことの意味などから、世界中のヒーラーやチャネラー、その他のスピリチュアルリーダーの注目を浴びて人気に火がつきました。
アイスクリスタルは人間の本質的な深い部分、さらにはハイヤーセルフなど高次元との繋がりに働きかけてくれます。

瞑想や癒しのために強力なサポートをしてくれます。

またこの石同士がこすり合う時に氷のような音を奏でます(シンギングサウンド(石の歌声)と言います)。その音色がとても心地良く癒し力があり、忙しい脳や心を落ち着かせてくれます。

アイスクリスタルが持つメッセージ性

私がこの石に釘付けになったのは、その形状でした。それまで見たこともない表面のゴツゴツとした浸(侵)蝕の仕方。それなのに握ってみると、なんとも柔らかい感触。よくよく見てみると、その内側の透明度が素晴らしい。そして…うっすらと浮かんできては消えるアイリス(虹)。一瞬で虜になってしまいました。

出現のストーリーにあるように、本来ならまだ出会えていなかったクリスタル。

このアイスクリスタルをいろいろな角度から見たり、内部を覗きこんだりしていると見え隠れするような、浮かび上がってくるようなアイリスは、「あなた自身の内側にある輝きを見つけなさい」というメッセージに思えてなりません。

誰の中にもある自分自身の輝き。それを誰かに見つけてもらって知ることもあるでしょう。それを認めてあげられていますか?

また、あなた自身の内側に意識を向け、どんな自分も否定することなく受け入れ、認めてあげたとき、輝きは外側へと放たれます。誰かと比べることなく、自分の個性を認めてゆくことで、あなた自身の魅力が内側から輝き出します。

そんなメッセージを強く感じています。

アイスクリスタルは、ニルヴァーナクォーツとも呼ばれ、仏教の涅槃(ねはん:煩悩をなくした悟りの境地)を意味しているそうです。この時代に必要とされて現れた救世主的な存在となる石といわれ、普通の水晶よりもさらに強力なパワーを持つといわれています。

肉体と意識、そして肉体を超えた意識と同調するように導き、そのパワーの強さからあらゆる面であなたを強力にサポートし、劇的な変化をもたらしてくれます。

人間関係のトラブルをはじめとした様々なトラブルが、嘘だったかのように円滑に解決へ向かい、さらにはそれらのトラブルがあったからこそ最高の結果になったのだと気づかせてくれるでしょう。

あなたや周りの人をより良い方向へと導いてくれるため、経営者やリーダーなど、トップのポジションを任されたときにも、多くのサポートをしてくれる石です。

握り石として、絶賛オススメ中。あと1点のみとなりました。