アクアマリン

海や空を思わせるアクアマリンは、深い癒しと自由、若さ、幸せ、喜び、富、勇気の象徴。精神的・感情的レベルでの浄化をサポート。

気持ちがささくれだったり、人間関係のトラブルでストレスや悲しみを感じた時、癒しを与え、清らかな気持ちにさせてくれます。

人と人の間を調和させるパワーがあるので、人に対する優しい気持ちを導き、柔軟な心で自他を愛し、受け入れられるようにサポートするといわれています。

コミュニケーション能力を高めたい時、恋人とのすれ違いや夫婦の不和を解消したいと願うときにも効果を発揮してくれるでしょう。

幸福な恋愛や結婚をもたらすほか、心身に本来の美しさと正しさを取り戻すといわれています。暗い照明で輝きを増すため「夜の宝石の女王」と呼ばれ、困難におちいったときに希望の光を示してくれる石でもあります。旅行にも携帯すると、不慮の事故から持ち主の身を守るといわれています。

アクアマリンは「ベリル」の仲間で、グリーンはエメラルド、淡いピンクをモルガナイト、爽やかな黄色はヘリオドール、純粋な無色のものはゴシュナイトと呼ばれています。

アクアマリンの特徴

・精神を沈め慈愛を育みコミュニケーション能力をアップ
・幸せな結婚を象徴
・自由を象徴
・3月の誕生石

こんな時に

・コミュニケーション能力を高めたい
・幸福な恋愛・結婚を望んでいる
・心の傷やトラウマを根底から癒したい
・囚われから解放され自由を感じたい

天然石言葉

幸福に満ちる・沈着・聡明・勇敢・富・天使の石・夜の宝石の女王

アクアマリンのエネルギー

*エネルギーの向き

 女性性 ○ ○ ● ○ ○ 男性性

*チャクラ

 第5チャクラ

*星座

 牡羊座、牡牛座、双子座、天秤座、蟹座、魚座

アクアマリンの浄化方法

月光浴 日光浴 流水 セージ
×
クラスター・さざれ 音(音叉)

アクアマリンの鉱物学情報

鉱物名 別名 結晶系 硬度
aquamarine / 藍玉(らんぎょく)/ 藍柱石(らんちゅうせき) / 緑柱石 六方晶系 7.5~8
主な産地
ブラジル、マダガスカル、インド、ナミビア、ロシア、スリランカ、ナイジェリア、アメリカ、中国、アフガニスタン、 明青色・青色・青緑色・無色